スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アストランティア マヨール

アストランティアの苗を仕入れた。

以前も書いたが好きな花のひとつ。

岩手という極寒の地で冬を越せるのか心配だが植えてみることにする。

調べたかぎりでは丈夫そうなので、たぶん大丈夫。

RIMG0052.jpg


以下、本からの抜粋


【特徴】
草丈50~80cm。6月から8月にかけて、長く伸びる茎の先に数個ずつ花をつける。
花は独特で、花びらのように見える苞が放射状に広がり、その上に筒状の小花が
たくさん集まって半球状をなしている。花色は白、ソフトピンク、濃い赤紫など
が多い。野生味のある丈夫な多年草で扱いやすい。ボーダーの中間から背後に植
えると収まりがよい。

【育て方】
明るい半日陰の保水性のある場所に植える。肥沃な土地を好むので、
植え付けの前に腐葉土や完熟堆肥等をすきこんでおくとよい。
耐寒性はあるが夏の暑さには弱いので、暖地では地温があがらないよう、
根元をマルチングしておく。

Trackback

Trackback URL
http://kemuyamahanaten.blog68.fc2.com/tb.php/10-d51660ae

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。